ついつい放置したままで汚れをためてしまいがちな網戸の掃除のコツ

網戸の掃除はいちいち外さなくても簡単に始められる!

おうちにある網戸は、1枚や2枚ではないという方々のほうがほとんどではないかと思います。この網戸というのは意外と厄介なもので、気が付かないうちに少しずつでも確実にどんどんどんどんほこりがたまっていってしまうものです。

ですから、せっかく頑張って年末年始に大掃除をしてみたところで、気が付いたらまだ春休みがスタートするような時期にすらなっていないにもかかわらず、「げっ!どうしてこんなに窓の外がクリアに見えなくなっているの?!」といったような感じで窓の外がはっきりと見えにくくなっていることから網戸の汚れに気が付いてしまうということはよくある話ではないかと思います。

そして、いざ重たい腰をえいやーっ!とがんばって上げて網戸の掃除をしましょうかというタイミングになってから、あなたは一体のどのような方法で網戸をきれいにしようと思いますか?それでも、思ったようにきれいにならないでかっくりきてしまったという経験がある方々は、相当な割合でいらっしゃるのではないでしょうか。

というわけで、ここではせっかくこちらのページを見つけて読んでくださっている皆々様に、網戸が簡単にきれいになるお掃除の仕方についてご紹介したいと思います。

網戸の掃除は一番はじめにしっかりとぶブラシを使うことからスタート

網戸の掃除をスタートするためには、最初にブラシを使って網戸にたまってしまっている水拭きで拭き取ってしまいましょう・・・というのは、じつで大間違い。

とはいえ、たいていの方々は、おそらく水拭きでの掃除からいきなりスタートしていらっしゃることだと思います。しかしながら、ホコリを水を使って濡らしてしまいますと、ほこりが重たくなってしまい、泥汚れのようになるのですね。

ですから、拭き取るためのものが真っ黒になってしまって要らない手間が増えてしまいますので、おすすめはできません。では、どのようにしてこのホコリを取り払うのかということですが、これはとりあえず、洗車用のブラシを使うことがもっともおすすめです。

ただし、どのようなブラシでもおすすめというわけではありません。馬の毛を使ったブラシのように毛が細めでしかも密度が濃いものが理想的です。このようなブラシであれば、網戸の網目にしっかりと毛が入り込んでくれます。

もちろん、洗車用のブラシは100円均一ショップでも売られていますから、こちらでお求めになっても構いません。

しかしながら、100円均一ショップで取り扱われている洗車用のブラシは毛が太目なので、下手をしたら網目に入り込んでくれなくて使いようにならないという可能性もございます。

ですので、500円程度のリーズナブルなものでかまいませんので、ホームセンターやカー用品店などで購入なさるのがよろしいですよ。

カーブラシがなくてもきれいに網戸を掃除することは充分に可能です!

カーブラシを使うことで網戸をきれいに掃除しやすいのでおすすめですとはお伝えしましたが、昨今では自動車を所有していないというご家庭もけっこう多くございますよね。

このようなご家庭の場合、普段から他の用途ではまったく使いもしないカーブラシをいちいちお金を出して購入するということに対しては二の足を踏んでしまうというのはまったく不思議ではございません。

そこで、カーブラシを使用することができなくても網戸をきれいに掃除することができるのかといえば、もちろん可能でございます。そこで、お水を含ませてあげたスポンジを使用して網戸を掃除する方法についてもご紹介しておきますね。

まず、網戸を掃除するために使用するスポンジの選び方についてですが、これは基本的にどのようなものでも構いません。とはいうものの、できればお風呂場を洗うためにしようするようなスポンジはおすすめです。

基本的にお風呂場を洗うためのスポンジというのは面が広いですので、作業そのものが楽になってきます。もちろんこちらは100円均一ショップで取り扱われているもので充分です。そして、スポンジを使用して網戸を掃除するときのポイントとしてぜひとも覚えていていただきたいのは、網戸の「下から上」に向かってスポンジを動かしていくということです。

また、網戸の汚れがあまりにもひどいということきには、弱アルカリ性の中性洗剤を含ませたスポンジで再度こするといいですよ。